アニメのコスプレをしてイベントに参加する人のことをコスプレイヤーといいます。「コスプレイヤーの未来とおじさんの頭の中」というタイトルを付けたので、けしからん内容が書かれているのかと想像した人もいると思います(笑)

 

ですが、内容はまじめです。

ときどき「働くとは何か?」っていうテーマで若者や年配の方などさまざまな年代の人がディスカッションする番組ってあるじゃないですか。そういう番組って「最近の若者は根性がないよね。就職してもすぐ辞めちゃう。」と説教するおじさんが必ずいますよね?

 

話は本題に入りますが、ある番組でコスプレを仕事にしている女性が紹介されていました。イベントの会費を払った人が会場に入り、コスプレイヤーの写真を撮ったり、来場者と交流する等、イベントで発生した収益からギャラが支払われることがスプレイヤーの収入源になっています。

 

また「ウチの商品をPRしてください」という企業や団体がスポンサーになることもあります。人によってはYouTubeの広告収入がある人もいるでしょう。

 

僕がたまたま見た番組で「こういう新しい生き方をする人もいます。」とコスプレを仕事にしている女性が紹介され、「こういう生き方をどう思いますか?」と司会者が質問する場面がありました。

 

そこで必ずあるのが「その仕事今はいいけど、将来どうするの?」というおじさんの発言ですよ。要は「ちゃんと就職しなさい」と言いたいわけです。

 

おじさんは新しい生き方に否定的な人が多いです。若者は将来のことを考えていないという偏見に満ちたおじさんは納得できないのです。

 

確かに「もうこの年でコスプレってイタイかも」っていう年齢になったらコスプレイヤーとしての需要はなくなるでしょう。ですが、こういう生き方はダメだと言う人は物事を点でしか見れていないと思います。

 

僕がもしコスプレする女性だったら

・イベントの主催者は何を求めているだろうか?

・お客さんは何が楽しくて何を求めてイベントに来ているだろうか?

・商品のPRを依頼してきた企業はどういう結果を求めているだろうか?

・これらを踏まえて自分は何をすべきか?

こういう視点を持とうと考えます。

 

つまり、自分が見ている視点だけではなく、別の視点も持とうとします。こういう視点を持つことで将来イベントを仕掛ける側にもなれますし、引退した後はコスプレイヤーを育成することもできます。

 

どんな職業もどんな働き方も別の視点を持つこと、視点を高く持つことで道はいくらでも開けるのです。

 

「今はいいけど、将来どうするの?」という人は点でしか見ていないので、成長するという発想がありません。そして別の視点を持つことや視点を高く持つことって、それが好きじゃないと考える意欲が持てません。

 

もちろん夢を持ちましょうと無責任には言えませんよ。ですが、僕は好きなことを仕事にする人が増えてもいいと思います。

 

おじさんの頭の中は「いい会社に就職したほうがいい。そういう生き方にはリスクがあるよ。」という考えがあります。そういう生き方とは今までになかった新しい生き方です。

 

ところが、誰でもできる作業的な仕事は遅かれ早かれAIに取られてしまうと言われています。今やっている仕事がなくなる可能性があるわけです。

 

だから新しい生き方をするのがリスクなのではなく、成長しないことが最大のリスクになるのです。

 

もちろんどんな生き方もリスクゼロとはいきません。好きなだけでは仕事にできないかもしれません。でも好きなことをやらないと、成長もできません。ではどういう選択が必要なのでしょうか?

 

そもそも、やりたいことが見つからないという人もいると思います。やりたいことを見つける方法を①から③まであるので、やりたいことを見つける方法を具体的に教えてください!その①から読んでみてください。きっと参考になると思います。