仕事でやる気が出ないことってありますよね?モチベーションという言葉が頭によぎったら、目標が間違っている可能性があります。

 

転職するのも1つの手段ですが、「結果や評価だけが目標になっていないか?」を考えてみましょう。もちろん結果や評価は大事ですが、それだけを目標とすると疲れてしまいます。

上司が自分のことを認めても、認めなくても、やるべきことは変わらないと考えてみましょう。上司が評価してくれたらラッキーぐらいに思っているほうが気持ちはラクです。

 

悔しいと思うことを強要されると・・・

ときどき無駄に怒る上司がいます。これは「失敗する→怒られて悔しい→頑張らなきゃと思う」ということを信じているからです。悔しいと感じるから頑張れることもあるでしょう。

ですが、悔しいという感情が頑張ることに最適とは限りません。

 

なぜ上司がそう考えるかというと、若いときに悔しいと思ったほうが成長できると上司は大昔の自分の上司から刷り込まれているからです。

 

それもそれで正しいのですが、もしあなたが悔しいという感情より「楽しい」という感情のほうが成長できるなら、悔しいと思うことを強要されると心が折れるだけの可能性があります。

 

上司が悔しいと思うことを部下に強要して心が折れた部下を見て情けないと感じる。これが「最近の若者は根性がないね」と言われる原因です。

 

結論を言うと、仕事の指示は上司に従い、「こう思わないとダメ」とある感情を強要されたら聞き流すというのいいでしょう。自分の感情は自分で作るのです。

 

「仕事の指示には従いますけど、あなたなんか眼中にないですよ」というスタンスを持ちましょう。

 

ベストな感情を知る

自分が一番パフォーマンスが上がる感情を手に入れるという目標を持ちましょう。そのために何をすると気持ちが上がるのかを知っている必要があります。

 

「評価されてうれしい」「必要とされてうれしい」でもいいのですが、他人の評価は自分でコントロールできないので、できればこれ以外の感情を探しましょう。

 

あなたのベストな感情はどんな感情でしょうか?何をするとその感情になるでしょうか?

たとえば、新しい知識を得ることでおもしろいと感じる人は好奇心という感情を大切にしています。高いパフォーマンスをしている人を見ると憧れる人は尊敬という感情を大切にしています。

 

好奇心が大切だと感じたら「何が自分の好奇心をくすぐるのか?」を探しながら仕事をしてみるといいでしょう。尊敬が大切だと感じたら、尊敬できない上司以外で尊敬できる人を見つけてその人に注目するといいでしょう。

 

ちなみに僕は好奇心を大切にしているので、自分の好奇心をくすぐるものを常に探しています。「認められてうれしい」「結果が出て達成感を味わう」以外にポジティブ感情を見つけることで、淡々と頑張れるようになります。

 

なので、「評価されてうれしい」「結果が出てうれしい」以外で仕事をするときのベスト感情を知りましょう。

それは新しいこと習得するワクワク感でしょうか?それとも「この仕事はおもしろい」という気持ちでしょうか?あるいはタスクをこなせたという達成感でしょうか?

 

どうなると気持ちが下がるのかも知ろう

何をすると気持ちが上がるのかを知ることが大切ですが、どうなると気持ちが下がるのかを知ることも大切です。これを知ることで「あっ今モチベーション下がってるな」と自分自身を冷静に見ることができます。

 

どうなるとやる気がなくなるのかを知ることで冷静になれて、冷静になれることで気持ちの下がりにブレーキをかけることができます。冷静になれず気持ちの下がりにブレーキがかからないと、「あーもうやってらんない。やーめた」という気持ちになり、気づけば転職サイトを見ているということもあります。

 

転職が悪いわけではありませんが、「やーめた」となる前に自分の感情を観察してみましょう。どんな状況で何を言われてやる気がなくなるか知っておきましょう。

 

ちなみに僕は「お前は◯◯しなくていい」と何かを禁止されるとやる気がなくなります。そういう発言をした人を「コイツうざいな」と思ってしまいます。

 

結果や評価以外のものも大切にする

うまくいく感情を知ることによってパフォーマンスが上がり、良い結果も出るでしょう。良い結果が出れば周りから評価もされます。「良い結果が出る→評価される→うれしい」という流れもいいのですが、自分でコントロールができないことがデメリットです。

 

「自分のベストな感情を知る→何をするとその感情になるかを知る→パフォーマンスが上がる→良い結果出る→評価される」という流れを作るほうがコントロールしやすいですね。

 

いい感情を仕事で作ることが難しいなら、仕事以外で作って大丈夫です。この曲を聴くとテンションが上がるというものがあれば、通勤中に聴いてから仕事をするでもいいと思います。

 

ということで2つ質問の答えを考えましょう。

1あなたが大切にしたい感情は何ですか?何をするとその感情になりますか?

 

2あなたがなりたくない感情は何ですか?どういう状況でその感情になりますか?

 

この2つを知ることによって、自分でやる気を作り、急激なモチベーションダウンを防ぐことができます。