「人には2つのタイプがいます。1つほめられて伸びるタイプ。2つ目は叱られて伸びるタイプ。」っていう話ってよく聞くじゃないですか。

 

でも僕は前々から疑問に思っていることがあるんですよ。そもそも叱られて伸びるタイプっているのか?叱られて伸びるタイプという考え方には上司が部下を怒ることの理由を作っている気がします。

もしかしたら叱られて伸びるタイプもいるかもしれないですけど、師弟関係ができあがっている場合に限りだと思います。

 

「ほめるだけじゃダメ!叱ってやらないと部下は伸びない!」こう主張する人もいるでしょう。確かにほめるだけじゃダメですし、ほめるだけだと人は育たないのも事実です。でもそれは何も工夫なしにほめることをした場合です。

 

「叱られて伸びるタイプっているんですか?」と言うとおじさんたちは「じゃあ部下がミスしてほったらかしにしろとでも言うのか?ミスした部下をほめろとでも言うのか?」とか言ってきそうですが・・・

 

ダメなものはダメと言っていいんですよ。でもね。普通に言えばいいんじゃないないですかね?いちいち怒りの感情を込めて伝える必要があるのでしょうか?

 

間違いを正すことは必要なことです。でもそこに感情って必要なのでしょうか?ミスを指摘するときにわざわざ感情を込めて言う人は罪悪感を持たせたいからです。

 

その職場で影響力を持った上司がこういう考えだと「ミスしたのはお前だろ!反省しろ!」という空気が流れます。犯人探しが好きな人もいます。「ねえ。これやったの誰?ねえ誰?」とこだわる人いますよね。

 

もちろん誰がそれをやったのかが重要なときもありますよ。でもどうでもいいときもあります。僕は黙って手直しすればいいじゃないですかって思います。

 

僕は部下をほめる必要性も感じていますが、それ以上に問題発生したときに普通に言うことがより大切な気がします。ほめるだけだと目的がほめられることになってしまいます。だからほめるだけはダメですよ。

 

でも上司はこいつは怒られないとやらないヤツだから怒らないとダメだと考えているのでしょうが、怒ったり怒鳴ったりすると、怒られないことが目的になってしまいます。

怒られないことが目的になったら仕事の生産性は下がりますよね?だから叱られて伸びるタイプっていう考えは危険な感じがします。

 

それに人目を気にしてしまう人は他人の評価を気にしすぎているからですが、頻繁に部下を叱りつけていたら人目を気にするようになりますよね。職場で人目を気にしてしまう人は怒られないことが目的になってしまっている人です。

 

そろそろ「叱られて伸びるタイプ」っていう考えをやめたほうがいい気がします。大事なことだから最後にもう一度言います。問題が発生しても、部下がミスしても普通に言えばいいんですよ。なにも感情込めて言う必要はないんですよ。