飲みに行く、ショッピング、旅行、カラオケ等いろいろなストレス解消方法があります。ネットで「ストレス 解消」と検索すれば、自分に合った方法も見つかるでしょう。

 

どれも悪いわけではないのですが、なんとなくやるとどうしても受け身になりやすいです。少し面倒ではありますが、「よしやるぞ!」という能動的なもののほうがイキイキとできます。

 

あなたがうつ病である場合は別ですが、手軽にできるちょっとした趣味だけでなく、能動的な活動もしておきたいところですね。うつ病ではなければ、続きを読んで頂けると幸いです。

 

女性はショッピングをする人もいるでしょう。もちろん悪いわけではありません。欲しいものを買うのはいいのですが、ストレス発散のために買うのは良くないです。

自分では買っているつもりでも、ある意味で買わされています。本当に欲しいものを買っていないからまだ一度も着ていないという洋服もあるのではないでしょうか。

 

男性はけしからんお店にニャンニャンしに行く人もいるでしょう。そういうお店に行くのが悪いわけではありません。イクことが問題ではないんです。イってもいいんですよ。受け身ではなく、能動的な活動のほうもしましょうということです。

「でも僕は受けより攻めのほうが好きだから受け身じゃないですよ」という反論もあるかと思いますが、フィニッシュのときは受け身になることが多いですね(笑)

 

けしからん方向に話が脱線してしまいましたが、とにかく能動的な活動をしましょうということです。

 

資格の勉強や英会話だけではない

仕事以外でも能動的な活動をしましょうという話なので、資格の勉強や英会話などを想像する人もいると思います。ですが、必ずしも自己啓発的なものでなくてもいいです。

 

筋トレでもゲームでもゴルフでも何でもいいのです。

それ自体に実用性が低くても積み上がっていくイメージが持てれば自信になります。直接仕事に関係なくてもその自信が仕事にプラスになることもあります。

 

仕事に活きるのは何かの資格やノウハウとは限りません。そこで得た自信やメンタルも活かせます。いちいち何か活動するのは面倒だという人もいると思いますが、ストレスの1つに劣等感があります。

 

否定される、上司に説教される、人と比べてしまう・・・

これらのストレスは劣等感です。その劣等感は手軽にできることでは解消できません。能動的で積み上がっていくイメージが持てるものであるほうがいいです。

 

では能動的な活動はどうやって始めればいいでしょうか?

 

趣味にプラスアルファを加える

旅行、カラオケ、食べ歩きなど趣味的なものはたくさんあります。この趣味にプラスアルファを加えれば能動的な活動にすることができます。

・カラオケが好きならボイストレーニングを受けてみる

・ラーメンの食べ歩きが好きならラーメンブログを書く

・ワインが好きならソムリエに負けないぐらい勉強する

 

このようにプラスアルファを加えればなんとなく好きから能動的な活動になります。ちなみにボイストレーニングはプロの歌手を目指す人だけが受けるものではなく、単純に歌が上手くなりたい人も受けます。

 

「プラスアルファを加える」を別の言い方をすれば、

・レベルアップを目的とする

・インプットとアウトプットを加える

こういう言葉に置き換えられます。インプットは調べる、勉強する等で、アウトプットは書く等です。書くことはノートまとめや日記をつけるイメージで大丈夫です。

 

もともとただの趣味でもインプットとアウトプットを加えてレベルアップを目的とすれば、積み上がっていくイメージが持てます。ぜひチャレンジしてみてください。

 

やりたいことなんてないよという人は職場以外で人間関係を作る方法を参考にしてみてください。

 

まとめ

・手軽にできることは受け身になりやすい

 

・本当のストレス解消法は積み上がっていくイメージが持てて自信になるもの

 

・趣味にインプットとアウトプットを加えると、能動的な活動になる