イライラしないようになれるなら、それに越したことはありません。ですが、怒りの感情が必ずしも悪いわけではないです。

 

怒りは悪いのであると思われがちですが、メリットもあります。怒りの感情があることがダメなのではなく、怒りの感情が暴走することが良くないのです。

 

イライラしないように考えると逆にイライラしやすいです。怒りを抑えるのではなく、暴走しないようにすることが大切です。

 

感情の専門家に聞いた話なのですが、怒りは6秒間の間に起きているそうです。その6秒で冷静になれるのか?それともキレてしまうのかが決まるということです。

 

「よくもクリリンを・・・・」が6秒間に起きていて、「クリリンのことかー!!!」や「オレはおこったぞー!!フリーザーーーーー!!!」は6秒以降に起きているということです。

 

対処法がなく6秒間で怒りの感情が暴走してしまうと、

「パンチの打ち方を知っているかって?」

 

「あの鎖使い絶対に許さねぇ」

 

このように余計なエネルギーを使うと自分が損をすることになるわけです。

ワンピースの「パンチの打ち方を知っているかって?」は必要な行動でしたが、現実の世界でやると警察のお世話になってしまいます。

 

ハンター×ハンターの「団長に伝えてくれ。オレは鎖野郎とケリをつけるまでは戻れねェとな。」は余計な行動でした。

 

結論を言いますと、怒りの感情はあってもいいけれど、必要なときもあるけれど、冷静に対処しましょうということです。

 

では怒りの感情とはどう付き合っていけばいいでしょうか?人が怒りを感じる理由と対処法について話したいと思います。

 

ここでは人が怒りを感じる理由を3つにまとめました。

①劣等感を感じたとき

②自己重要感が下がったとき

③こうあるべきというルールが破られたとき

 

この3つのケースとその対処法をお伝えしたいと思います。

 

また人間関係のイライラを上手に活用する4つの方法では怒りの感情と上手に付き合って活用する方法を4つにまとめました。

①自分が欲しいものを知るチャンス

②器を大きくするチャンス

③視野を広げるチャンス

④自分の得意なものを知るチャンス

 

この4つを意識することで、怒りの感情を上手に利用することができます。こちらも合わせてチェックして頂けたら幸いです。

 

では怒りの理由と対処法を見ていきましょう!

 

①劣等感を感じたとき

感情には一時感情と二次感情というものがあります。

一時感情は本音、二次感情は表に現れている感情というイメージでいいでしょう。怒りは二次感情であるとよく言われています。

 

バカにされたとき、見下されたときに怒りを感じると思いますが、それは劣等感を感じているからと言えます。

 

たとえばこんなことを言われたら怒りを感じると思います。

「だからお前はバカなんだよ」

「これだから高卒は使えないんだよな」

「できの悪い部下を持つと大変だよ」

 

こういうことを言われたら

↑こういう気持ちになると思います。「あたしたちバカにしてる?」

 

人は誰でも優れていたいという欲求があるからこそ、バカにされたら怒りを感じるのです。

 

優れていたいという深層的な欲求は一時感情で、怒りたい言い返したいという怒りは表層的な欲求であり、二次感情です。

 

人が怒りを感じたときに言い返したい、攻撃したいという欲求は表層的なものです。本当に自分が望んでいることは優れていたいという深層的な欲求であることに気づくことが大切です。

 

優れていたいという深層的な欲求があって、それが満たされていないことが原因で怒りを感じるのは劣等感です。

 

劣等感を埋め合わせるためには自信や自己肯定感が必要です。自己肯定感が高い状態ならイライラしにくいということになります。

 

自信や自己肯定感についてはこちらの記事を参考にしてください。

自信の足し算をしよう!

自己肯定感を高める方法とか自分をほめる方法を具体的に教えてよ!

 

自己肯定感が高い状態なら劣等感を感じにくいということになります。劣等感を感じにくいということはイライラしにくいということです。

 

1自己肯定感が高い状態を作ろう!

 

②自己重要感が下がったとき

次は自己重要感の話です。

人は重要な人物として扱われなかったとき、大切にされていないと感じたときに怒りを感じます。

 

たとえば誰かと待ち合わせをしていたとき、5分前になって

「今日行けなくなったごめんちゃ~い(*^。^*)」と言われたら軽く扱われていると感じますね。

 

「なんで自分にだけ言ってあの人には言わないの?」という不平等を感じることが怒りになることもあると思います。

 

その場合の怒りも重要な人物として扱われず、軽く見られていると感じることが原因です。バカにしてるのか?という気持ちになりますが、劣等感ではないですね。

 

大切にされているという感覚の自己重要感が下がっている状態です。人は誰でも愛されたい、大切にされたい、認められたいという欲求があります。

 

ドタキャンしないでほしいと思うのは大切にされたいからです。この気持ちが一時感情です。

 

「言いたいことを言ってやるヽ(`Д´)ノ」と思って「なんで前もって連絡してこないの?そもそもドタキャンってあり得なくない?」

 

「言いたいことを言ってやる」は二次感情での行動です。

 

職場でよくあることですが、「自分にだけ言わないでほしい」と思ったら「あの人にも言ってよ」と言ってしまう人がいると思います。

 

「あの人にも言ってよ」は二次感情であり、表層的な欲求です。本当に望んでいることはそうではないはずです

大切に扱われたい、認めてほしいというのが本当の気持ちであり、深層的な欲求です。

 

大切に扱われている、認められていると感じることができれば怒りが収まるということです。

 

「✖✖しないで」から「◯◯してほしい」へ

怒りを感じたとき「なんで◯◯してくれないの?」と思ったり、言ってしまうことがあると思います。

 

ですが、これからはできるでけ否定語を使わずに相手に伝えるようにしていきましょう。

 

なんで◯◯してくれないの?を次のような言い方にしてみましょう。

・◯◯してほしい

・◯◯してくれたら助かる

・◯◯してくれたらうれしい

・◯◯してくれたら△△できる

 

こういう言い方をしたほうが伝わりやすいです。

 

「それを言ってくれなきゃわかるわけないじゃん」と心の中で思ったら、「なんで言ってくれないの?ホウレンソウって知ってる?」という言い方になりがちです。

 

これを「◯◯してくれたら△△できる」という言い方にすると、こうなります。

「それを教えてくれたら、こっちも対応できるよ」

 

冷たい言い方ではなく、こういう言い方ができれば、相手も気持ちよく動いてくれるでしょう。つまり否定語で考えていたことを肯定語に変えて肯定語で言うのです。

 

頭の中にある言葉が否定語だからイライラするわけです。肯定語で考えればイライラしにくいということになります。

 

もちろんイライラしてはいけないわけではありません。イライラしてもいいのです。イライラしてはいけないと考えるとイライラしやすくなるので。

 

これも考え方は同じで「イライラしないように」ではなく、

・優しくなろう

・穏やかでいよう

・落ちつこう

と考えたほうがいいです。

 

「それ私ではなく、私の上司に言ってください」という声が聞こえてきそうですが・・・あなたの気持ちはわかりますよ。

 

ですが、こちらが被害者なのになんで言い方に気をつけなきゃいけないの?と思えば思うほど、重要な人物として扱ってもらえなくなるのです。

 

全員ではないですが、自分が相手を大切にすれば相手も自分のことを大切にしてくれるわけです。

 

2できるだけ肯定語で相手に伝えよう!

 

感謝している人を思い出す

伝え方を気をつけたとしても、自分のことを軽く扱う人はいるものです。ワガママな人もいるでしょう。

 

その人を変えるのは難しいので、少しずつ関係を良くしていくしかありません。では今すぐにできることは何でしょうか?短期的にやるべきことも必要ですね。

 

それは現在過去含め、今まで出会った人で自分が感謝している人を思い出すことです。

 

何もしてくれない人を感謝することはありません。感謝している=自分を大切に扱ってくれた人ということになります。

 

重要な人物として扱ってくれないことが怒りの原因なら大切にしてくれた人を思い出しましょう。

 

「自分のことを想って何かをしてくれた人もいた。あのときの感謝は忘れちゃいけないな。」そういう想いが自分の自己重要感を上げる手助けになります。

 

大切にしてくれないと感じて自己重要感が下がるということは孤独を感じることでもあります。

 

自分を大切にしてくれた人、つまり自分が感謝している人を思い出すことで「1人じゃないんだな」という気持ちに少しだけなれるはずです。

 

3自分を大切にしてくれた人の存在を意識しよう!

 

③こうあるべきだというルールが破られたとき

自己主張が激しい人がいるときはイライラしやすいと思います。自己主張が激しい人と一緒にいると自分の思った通りにならないことが多いわけですね。

 

自分がこだわりたいことをこだわれないときに人は怒りを感じます。自分がこうあるべきだと考えているけど、相手はそう考えていないということです。

 

◯◯すべきだと考えていることをやっていない人、◯◯すべきではないと考えていることをやっている人がいると自分が否定されたと思うわけです。

 

たとえば上司の言い方がイヤだと感じる場合は「もっと言い方を気をつけるべきだ」と考えているからです。

 

怒りを感じたら「自分の意図や期待があって、それが叶っていないから怒りを感じているんだな」と考えましょう。

 

達成されない目的があるから怒りを感じるということです。こういう怒りのときはどうすればいいのでしょうか?

 

2つありますが、1つは「自分が得たい結果は何だろう?」と考えることや「相手に何を望んでいるだろう?」と考えることです。

 

答えがわかったら「◯◯してくれたら助かります」や「◯◯お願いします」という言い方をすればOKです。

 

もう1つは一部のこだわりだけを残すというこです。

下の図は職場の人間関係が合わないと感じたときの4つの対処法でもお見せした図です。このイメージを持ったください。

 

図の赤い部分は自分のこだわりです。こうあるべきだと考えている部分です。白い部分は特にこだわらない部分です。どっちでもいい、何でもいいと考える部分です。

 

紫の部分は「そうであるほうが望ましい」と考える部分で、この部分が大きくなればなるほど対人関係でストレスがたまらないということになります。

 

職場の人間関係が合わないと感じたときの4つの対処法では

・相手の意見のメリットを考える

・なぜ相手がそう考えるのかを聞く

・勝ち負けで考えない

という話をしました。

 

自己主張が激しい人がいるときは「そうであるほうが望ましい」と考え「そういう考えもあるのか」と受け入れましょう。

 

相手を否定しないことが前提で自分はこう思うという意見を言ってもいいと思います。相手がダメだと言ったら相手の意見を尊重してあげればいいでしょう。

 

自分の意見が通るなら、自分のこだわりたいことを話せばいいのです。「そうであるほうが望ましい」の部分が大きくなることは柔軟に考えるということでもあります。

 

相手に合わせることが我慢になってしまう人は

・こうあるべきというルールが強すぎる

・どちらの考えが正しいか?という考えになっている

ということが言えます。

 

もちろん意図があってもいいですし、相手に期待してもいいです。何でもYesと言う必要はないので、NoなものはNoと言っていいときもあります。

 

ですが、「そうであるほうが望ましい」と考えれば相手に合わせてもいいかなとも思えるわけです。

 

「こうあるべきだ」というルールが強すぎると自分自身を縛ることになります。不自由になってしまうのです。

 

4「こうあるべきだ」に縛られずに「そうであるほうが望ましい」と柔軟に考えよう!

 

まとめ

イライラについての対処法を書きましたが、人間関係で悲しいや傷ついたという感情に関しても基本的には同じで大丈夫です。

 

怒りを感じたら

Step1

①劣等感で怒りを感じているのか?

②大切にしてほしい、認めてほしいと思うから怒りを感じているのか?

③こだわりたいことがこだわれないから怒りを感じるのか?

 

この3つのうち何が怒りの原因かを考えましょう。

 

Step2

①1自分が今できていることを意識する

orできることを増やしていく

 

②2「◯◯してほしい」と肯定語で相手に伝える

3自分を大切にしてくれた人の存在を思い出す

 

③4自分のこだわりを「そうであるほうが望ましい」と考えて相手を受け入れる

 

p.sこちらも要チェックです。

人間関係のイライラを上手に活用する4つの方法

 

職場の人間関係が合わないと感じたときの4つの対処法

 

人間関係でストレスをためないコツは◯◯を考えないこと