職場で孤立してしまうケースは

・新しく来たばかりで、なじめていないケース

・悪口や陰口が多く、その悪口に参加できずに1人ぼっちになってしまうケース

 

いくつかのケースがあり、人によって孤立している状況は違うと思います。

 

ここでは仕事でのミスをきっかけに上司が自分だけ他の人と違う扱いをするケースについて話したいと思います。

 

悪口や陰口が多く、その悪口に参加できずに1人ぼっちになってしまうケースは

職場の人間関係で孤立したときの対処法 ケース2をチェックしてみてください。

 

新しく来たばかりで、会話に入れず孤立しているケースは

職場の人間関係で孤立したときの対処法 ケース3会話に入れないときをチェックしてみてください。

 

このケースは

・上司が自分にだけに厳しい

・上司は周りから信頼されているため、上司を慕っている人も自分を敵対視している

という状況です。

 

こういう状況は僕も経験ありますが、メンタルやられますよね。

上司がうるさいだけならまだマシな状態ですが、上司が慕われていると上司以外の人も敵対関係になってしまいます。

 

「キミのことを期待しているから言ってくれてるんだよ」って言う人もいるじゃないですか。

 

僕らからすると「あなたは言われないからそんなことが言えるんですよ」とか「あれは期待している人が発する言葉ではないよ」と思うのが本音なんですよね。

 

ぶっちゃけ上司の扱いが自分だけ違うのはやつあたりです。

 

ときどきわざと悪い評判を流すときもあるじゃないですか。職場で一番影響力のある上司が自分のことを悪く言うとその悪評は一気に広まってしまいます。

 

悲しいけれど、自分がまちがっていなかったとしても上司が正しいという見方をされるわけです。やめてくださいと言っても無駄なので、対処法が必要です。

 

このケースだけでなく、すべての孤立してしまうケースで必要なことが3つあります。

①貢献できている部分を意識すること

②味方になってくれる人を作ること

③良い悪いを考えないこと

 

この3つは共通して必要なことです。

 

この3つに加え、上司と上司を慕っている人から敵対視されている状態から抜け出すにはステップが4つあります。

Step 1劣等感と罪悪感を手放す

Step 2敵対心と警戒心を手放す

Step 3味方になってくれる人を作る

Step 4上司との和解

 

この4つのステップは次の③のアプローチです。このケースの対処法は3つのアプローチがあります。

自分の評判を悪くする人に悪い評判を流させないこと

悪い評判を流す人の影響を受けている人の誤解を解いて仲良くする

③自分のことを敵対視していない人から仲良くしていく

 

①はこの場合は上司で、②は上司を慕っている人です。上司との関係が良くなば一気に改善します。③よりもスピードが速いこともあるでしょう。

 

ですが、上司に怒られるたびに心が折れる可能性がありますので、①や②よりも③のほうが確実です。

 

具体的にはどのようにして孤立状態から抜け出せばいいのでしょうか?ステップ1から見ていきましょう。

 

①劣等感と罪悪感を手放す

自分だけ扱いが違い、「まちがっているのはお前だ」という見方をされると劣等感が大きくなります。

そういう見方をされ続けると自分も「上司が正しく、自分がまちがっている」と考えるようになってしまいます。

 

今のあなたは味方をしてくれる人がいない状態かもしれませんね。

周囲は「信頼している上司が怒るのは当然。足を引っ張るなんて最低!」と思っています。この状態が劣等感や罪悪感を大きくし続けます。

 

劣等感は放っておくと敵対心になります。

周りの人の言葉が攻撃として感じ、周りはみんな敵だと思えてきます。もしかしたら、そうなりかけているかもしれませんね。

 

罪悪感は放っておくと警戒心になります。

周りが怖いと感じてしまします。「自分はこの職場で貢献できていないな。申し訳ない・・・」という気持ちになっているかもしれませんね。

 

何も悪いことをしていないのに申し訳ないと思っていたり、自分が悪くないのに「すいません」と誤ってしまうこともあるでしょう。あるいは小さなことでも引きずってしまう。

 

この状態が職場で萎縮するということです。萎縮するとミスしやすくなります。

 

自分は大丈夫と思えたらクリア

劣等感と罪悪感を手放すには良い悪いを考えないこと、小さなことでもいいから貢献できている部分を意識することの2つが必要です。

 

まず良い悪いを考えないことですが、悪いのは自分と考えることで劣等感になったり罪悪感になるわけです。

ですが、上司が正しいかまちがっているかは重要ではありません。どうでもいいことです。上司が正しいと考えれば劣等感になり、まちがっていると考えれば理不尽だと感じます。

 

だから上司が正しいかまちがっているかは考えないほうがいいのです。

 

次に貢献できている部分を意識することでが、あなたは今、職場で貢献できていないと感じているかもしれません。

お前はまたミスしたのか?何度同じことを言わせるんだ?等、上司が劣等感を刺激する言葉を言ってくると、自分には価値がないと思えてくることもあるでしょう。

 

だからこそ、どんな小さなことでもいいから自分が貢献できている部分を意識する必要があります。できていることを意識しましょう。とりあえずできなかったことは忘れてください。

 

貢献度がゼロの人はいません。あなたにも必ず貢献できていることがあるはずです。小さくても貢献できていることが見つかると、「大丈夫!この部分は貢献できている!」と思えてくるはずです。

 

この「自分は大丈夫だ」と思える感覚が自己肯定感です。

 

今はできなかったことに対し、「なぜできなかったのか?」は考えなくていいです。

「なぜできなかったのか?」を冷静な状態で考えると分析になりますが、落ち込んでいる状態で考えると劣等感と罪悪感を大きくするだけです。

 

なぜできなかったのか?は冷静に考えられるようになってから考えましょう。上司は反省させたがりますが、そういう言葉はとりあえずスルーしてオーケーです。

 

ステップ1は上司にはちょっとムカついたり、怖いと思うことがあるけれど、自分は大丈夫と思えることでクリアになります。

 

②敵対心と警戒心を手放す

劣等感を持ったまま何かを言われると見下されているように感じることがあります。罪悪感を持っていると「次は何で怒られるんだろう?」ビクビクしながら働くことになります。

 

くり返しになりますが、劣等感は敵対心に変わり、罪悪感は警戒心に変わります。

人間関係を悪くするのは敵対心と警戒心です。コミュニケーション能力の高い低いではありません。自分の敵対心や警戒心は必ず相手に伝わってしまいます。

 

最初は「上司はヒドイ!ムカつく!」と思っていて敵対心のほうが強かったけれど、毎日ガミガミ言われるから心が折れて今は警戒心や恐怖心のほうが強くなっているのではないかと思います。

 

今は敵対心が3で、警戒心が7といったところでしょうか?

 

上司もあなたに敵対心を持っているはずです。敵対心が8で、親心が2といったところでしょう。

親心が2だと少ないと感じてしまいますが、完全に見捨てられているわけではないという考え方もできるわけです。

 

残念ですが、上司に敵対心を持たないでくださいと言っても思っても無駄です。

あなたから先に敵対心と警戒心を手放さなければいけません。敵対心と警戒心は自分の劣等感と罪悪感を手放すことで解くことができます。

 

関心を自分に向ける

ステップ1と2は自分との闘いです。

関心をできるだけ自分自身に向けてください。関心を外に向けると他人に期待してしまい「なんで自分のことを理解してくれないの?」と思えてきます。

「今日は◯◯ができた」「今日は◯◯がうれしかった」等、自分と向き合うことに集中しましょう。自己肯定感が上がってくると周囲の人と自然体で接することができるようになります。

 

ステップ2は上司と良好な関係ではないけれど、少なくても自分は敵対心と警戒心はほとんど持っていないという状態になったらクリアです。

 

③味方になってくれる人を作る

ステップ3でようやく他人へ関心を向ける段階になります。それまでは自己肯定感を上げて劣等感と罪悪感を手放し、敵対心と警戒心を解くことに集中しなければいけません。

 

上司への敵対心と警戒心を解く前に先に味方になってくれる人を作りたいところですが、味方を作るのは後になります。

 

なぜかと言うと、自分は被害者だという考えになっている人と仲良くなってくれる人があまりいないからです。

上司に敵対心や警戒心を持っていると愚痴っぽくなっちゃうじゃないですか。愚痴を聞いてくれる人もいますが、ほとんどの人が愚痴を聞かされるのはイヤなものなのです。

 

それよりも愚痴を聞いてほしいっていう人のほうが多いのです。

 

中立的な立場を探す

本題に入りましょう。味方になってくれる人を作ることがこのステップ3ですが、どんな人を味方にすればいいのでしょうか?

 

自分を敵対視している人としていない人がいます。

 

「がんばりなよ」とか「キツイ言い方してるけど、実はキミのことを想っての言葉だと思うよ」みたいな言葉をかけてくれる人がいると思います。その人は味方になってくれる可能性があります。

 

味方になってくれる人がいれば、その人が自分のことを良く言ってくれる可能性があります。

 

僕は飲食店で働いていたとき店長に毎日ガミガミ言われていました。ビンタもされました。蹴られたこともあります。ダメなヤツだというレッテルを貼られていたのです。

 

でも「店長はダメって言ってるけど、オレはできてると思うよ。店長が言うほどダメじゃないと思う。」と言ってくれた先輩がいました。

 

たとえば上司が仕事を教えてくれないという状況だったとしたら、他の上司に教わるか先輩に聞く。それもダメなら同期の人に聞きましょう。それもダメなら後輩に聞いてみる。

 

同期や後から入ってきた人に聞くことは恥ずかしいことではありません。わからないことがあれば、たとえ年下であったとしても聞くべきです。

 

そういう人はどうやって見つけたらいいかと言うとステップ2までクリアしたら次のことを考えます。

・中立的な立場の人は誰か?味方してくれそうか?

・その人は上司をどう思っているのか?

・上司への愚痴を言ったら、その人は共感してくれそうか?

 

愚痴はあまり言わないほうがいいですが、中立的な立場の人は自分のことをわかってくれる可能性があります。念のために愚痴は実際には言わず、「もし言ったら?」と考えるだけがいいでしょう。

 

上司寄りな人に愚痴を言ったら「アイツこんなこと言ってましたよ!」と上司に言う場合がありますし、中立的な立場に見えてどちらかと言うと上司寄りという人もいます。

 

ちなみに僕はこの選択をミスって自分の愚痴を上司に報告されてしまったことがあります。

 

そして上司がヽ(`Д´)ノになって

⤴+👊波動拳( ノД`)凹 になって、

になったことがありました。

 

ギブしよう!

味方になってくれそうな人を見つけたら、できるだけその人との会話を増やしましょう。

この人が助かることは何だろうか?この人が喜ぶことは何だろうか?を考えて行動することで「最近気が利くね」と思われるようになります。

 

上司からの評価を上げようとしてもいいのですが、それは後回しにしたほうが無難です。上司から敵対されていると評価をあげることのハードルが高くなってしまうからです。

 

何より助けになることがしたいという気持ちにならない限り、その行動は点で終わってしまいます。すると、あいつが頑張るのは一瞬だけという評価になるだけです。

 

僕は上司から「お前の頑張りは2日しか続かない。3日目に必ずダメになる。」と言われたことがあります。そう言われるたびに仕事のモチベーションが下がっていました。

 

モチベーションが下がるなら上司からの評価はこの段階では無理して上げようとしないほうがいいでしょう。上司の助けになりたいと思えないと評価を上げることは難しいのです。

 

ステップ3までは無理して上司からの評価は上げようとせず、敵対もせずという振る舞いがいいと思います。「最近◯◯さんは頑張ってると思う」という評判を流してもらうことを狙いましょう。

 

上司からの評価を無理して上げようとするのではなく、周りから攻めていくのです。一気に状況を変えようとするより少しずつ確実に変えていきましょう。

 

自分のことを良く言ってくれる人がいたほうが仕事もやりやすくなりますし、自分のことを敵対している上司よりも話やすいと思います。

 

上司からの評価は上司の助けになりたいという気持ちになれてから上げるほうがいいでしょう。

 

このステップ3は自分の味方になってくれる人を1人以上作り、その人の助けになる具体的な行動をすることでクリアです。

 

④上司との和解

ステップ3までクリアすると、職場で前よりも自然体で過ごせるよういなると思います。

孤立状態もかなり解消されているはずです。そうなると、残りは上司との関係改善になってくるわけです。

 

この段階になると、あなたの上司への敵対心や警戒心はかなり小さくなっているでしょう。

 

上司が尊敬できないなら無理に尊敬しようとしなくてもいいですが、この段階で「仕方ないな。助けてあげるか」という気持ちなれるはずです。

 

敵対心や警戒心を持ったまま上司が助かることは何か?を考えることはできないので、ステップ1と2があります。さらに自分のことを認めてくれる人がいたほうが「助けよう」という気持ちになりやすわけです。

 

職場にいる3種類の人

孤立状態から見る職場は3種類の人がいるのを確認できます。

①自分の悪評を流す人・敵対関係になっている人

②悪評を聞いて自分のことを誤解したり、偏見がある人

③中立的な立場の人

 

このケースは①が上司、②が上司を慕っている人です。

 

この孤立状態を解消する4つのステップは1中立的な立場の人→2上司→3上司を慕っている人の順番で関係が改善していきます。

 

上司を慕っている人との関係があまり改善しないこともありますが、自分が敵対心や警戒心を持たなければ改善のチャンスはあります。

 

敵対心や警戒心を手放せたら「仕方ないな。助けてあげるか」という気持ちなりたいところです。

 

上司が助かることは何か?を考え始めたら、上司が持っているあなたへの敵対心はなくなります。上司との関係が改善されれば、上司を慕っている人との敵対関係も変わる可能性があります。

 

ステップ4は「仕方ないな。上司を助けてあげるか」という気持ちになれたらクリアです。

 

まとめ

・自分が今できていることを注目し、小さなことでもいいから「自分はこの部分では貢献できている」という部分を意識する。

 

・自分は貢献度が低いと思っていると萎縮する。何も悪いことをしていないのに申し訳ないと思ってしまう。萎縮しなくなればミスも少なくなる。

 

・自分は大丈夫と思えたらステップ1クリア

 

・人間関係を悪くするのは敵対心と警戒心

 

・ステップ2までは自分と向き合うことを優先させる

 

・敵対心と警戒心を解くことができたらステップ2はクリア

 

・被害者意識を持った状態で仲良くなってくれる人は少ない

 

・中立的な立場の人を探し、その人との会話を増やす

 

・自分の味方になってくれる人が自分のことを良く言ってくれる可能性がある

 

・味方になってくれる人を1人以上作り、その人の助けになる行動をすることでステップ3はクリア

 

・上司の評価が変われば、上司を慕っている人との敵対関係も改善する可能性がある

 

・敵対心と警戒心が手放せれば、「助けてもいい」と思えるようになる

 

・「仕方ないな。上司を助けてあげるか」という気持ちになれたらステップ4はクリア

 

p.sこちらも要チェックです!

仕事でミスばかりしてしまうときは反省しなくていい

攻撃的な人の対処法 基本編